公共空間における裁判権――フランスのまなざし

2007年刊。日仏公法セミナー 編/本体5800円(5%消費税込6285円)/A5判上製/312頁/ ISBN978-4-8420-1058-8

大革命以来,司法への懐疑が強かったフランスで人権の司法的救済への期待等から裁判所の積極性が増している。共和制原理や民主的正統性との関係をはじめ,多元的裁判秩序相互間の調整と課題は多い。「裁判」再定義への動向を検討しつつ現在の法治国家像を考える