ロールズの憲法哲学

2001年刊。 大日方 信春 著/本体5000円(5%消費税込5250円)/ A5判上製/256頁/ ISBN4-8420-1039-8

現代哲学界を代表する一人と目されるロールズによる人権の哲学的基礎づけ,個人と社会との 関係の見方,国家の役割論を検討。ロールズの規範的正義論を憲法学における基礎理論の問題 として解読する注目の書。巻末資料にロールズ著作目録と,ロールズ研究の邦語文献目録付き。